お肌へのメリット

| 未分類 |

バーベナは、ラテン語で「神聖な植物」という言葉が由来となっているだけあり、昔から鎮痛、鎮静効果の高いハーブとして愛用されてきました。肉や魚のにおい消しにはもちろん、ハーブティーにして飲用されており、レモンのような優しい香りは、ストレスをやわらげ、リラックスさせる効果があるとされています。消化を促進する効果や整腸作用があるために、食事の前後に好んで飲まれました。このバーベナをお肌に対して利用すれば、次の三つの効果が期待されます。まずは、抗炎症効果です。バーベナに含まれるアノキシミンという成分が、炎症を抑えてくれます。経口摂取しても抗炎症作用が働くため、腹痛にも効果があります。次に、抗酸化作用です。バーベナのもつ抗酸化作用は、非常に効果が高いことがわかってきました。さらに、コラーゲンの生産を促進する作用もあります。この3つの作用のために、バーベナは最近では美容用のハーブとして注目を集めています。その上、その香りによって副交感神経が刺激されるため、ストレスや気温などのちょっとしたことで影響を受けやすい皮脂バランスが正常に整えられますので、すべての相乗効果により、ニキビを効果的に防いでくれます。バーベナは、肌に塗っても、経口摂取してもよい効果をもたらします。
海07