バーベナの歴史

| 未分類 |

みなさまは”ベーバナ”というハーブをご存知でしょうか。近年ではオーガニックを中心としたナチュラル食品が人気を集めるようになり、昔ながらの伝統的なハーブティーがふたたび注目を集めるようになりました。ベーバナはレモンに似た香り高いハーブとして珍重されており、さわやかな香りを放つことから昔からなじみ深いハーブとして扱われてきました。副交感神経に働きかける働きがあり、イライラなどを抑える鎮静効果を齎してくれるのです。

ベーバナは不安定な精神を安定させ、高いリラックス効果があることから古くは古代ペルー時代から愛用されてきたという伝統的なハーブなのです。また肝臓や胆嚢機能の強化、口腔内や呼吸器系の炎症などを抑える効果もあり、風邪をひいた際などにもやさしく効果を発揮してくれます。

またベーバナは美肌効果があることでも知られており、乾燥した肌に潤いを与え柔軟にし、肌細胞の隅々にまで血流を促してくれるのです。ニキビのできやすい脂性肌を改善する作用が期待できるので、思春期でニキビのできやすい方々にも適しています。古代ペルー時代から珍重されてきた歴史あるハーブ「ベーバナ」は、現代社会においても我々人間に貢献してくれる”やさしいハーブ”として扱われています。
}PgžxQ